妊活中にも葉酸サプリがおすすめ

葉酸という栄養素はあまり聞き慣れないかもしれませんが、ビタミンB群の一種です。 こう聞くととても身近な栄養素になりますよね。

細胞分裂に関わる栄養素でもあるため、妊活中の方や妊婦さんはしっかり取り入れましょう。

葉酸を取り入れるための方法としてはサプリを使った方法が一般的です。 食事からもある程度の葉酸を取り入れることができますが、それだけでは不足してしまいがちなのでサプリメントを使って効果的に取り入れましょう。
妊活中におすすめの葉酸サプリランキング

葉酸には正常な卵子と精子を作る効果があるため、妊活力をアップしてくれます。 長い間妊活をしているもののなかなかうまくいかないという方もいるかと思いますが、葉酸の摂取量が足りているかどうか確認してみましょう。

なぜ葉酸が妊活中の方に必要な栄養素と言われているかというと、正常な細胞分裂をするのに役立つ栄養素だからです。

細胞分裂に異常が発生してしまうと染色体の異常が起こりやすくなり、ダウン症に繋がってしまうことがあります。 同時に流産や死産などのリスクを抑えることにもつながるので、健康的な赤ちゃんを妊娠するためにも取り入れましょう。

また、現在妊活中の女性に取り入れて欲しい理由として、葉酸の持つ着床率アップ効果も挙げられます。 妊娠するためには受精卵がしっかり着床することが重要なのですが、子宮内膜が薄かったりすると着床がうまくいかず、妊娠に至らない場合があるのです。

葉酸には子宮内膜を厚くする効果があるため、非常に重要な栄養素だといえるでしょう。

普段から妊活を行っている人の場合、早めに妊娠に気づけることが多いのですが、そうでない方の場合は妊娠してから数ヶ月後に気づくことが多いようです。

ですが、妊娠に気付くのが遅れがちな2、3ヶ月の時期というのは赤ちゃんにとって重要な脳や脊髄といった部分の成長が行われる時期でもあります。

葉酸はこの時期にこそ必要な栄養素となるため、妊娠に気づいた時にはすでにこの期間が終わっている可能性もあるわけです。 こういった可能性を減らすためにも、妊娠を希望している女性は普段から葉酸を摂取しておいた方が良いでしょう。
山梨厚生病院

葉酸で予防が可能な先天性奇形とは?

妊婦が葉酸を使った方が良い理由としてよく挙げられるのが、先天性奇形のリスクを減らすためというものです。 ですが、そもそも先天性奇形とは何なのかよくわからないという方もいるはず。

これはお腹の中にいる段階で赤ちゃんに奇形が生じてしまうことをいいます。 有名なものだとダウン症や口蓋裂、唇裂、ファロー四徴症、無脳児などが挙げられ、その確率は低いとは言えません。 日本国内のケースでは赤ちゃんが100にいたらそのうち4人が先天性奇形という割合になっています。

では先天性奇形になってしまう原因は何なのでしょうか。 これは染色体や遺伝子が関係している場合が多く、全体の2割から3割ほどを占めます。

そのほかにはサリドマイドという睡眠薬やビタミンA、抗生物質などの使用が関係していると言われていますが、こちらは大量に使用した場合にリスクが高まると考えた方が良いでしょう。

先天性奇形の一つとしてダウン症を紹介しましたが、高齢出産になるほどそのリスクが高まると言われています。 特に45歳以上は注意が必要なので、高齢での出産を希望している方は葉酸を摂取することを忘れないようにしましょう。

妊娠している間は常に先天性奇形の問題がつきまとうというわけではなく、最も影響を受けやすいのは妊娠12週頃と言われています。 その次が妊娠4〜7週と言われているので、妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を摂取しましょう。

これにより先天性奇形が発生する確率を下げることができます。

これは研究データとしても明らかになっており、イギリスで行われた実験では葉酸サプリを取り入れている妊婦さんとそうでない方は、取り入れていた方のほうが神経管閉鎖障害のリスクが72%も減少しているのです。 これはかなり大きな数字だといえるでしょう。

ただ、葉酸サプリを摂取しておけば神経管閉鎖障害を100%予防できるというわけではありません。 30%〜20%は遺伝性のリスクであることから、葉酸サプリを取ったとしても完全に防ぐことは難しいのが現状です。

葉酸サプリ、注意しなければならない薬との飲み合わせ

妊娠を希望している方や妊娠中に取り入れた方が良いと言われている葉酸サプリですが、注意しなければならないことがあります。

それは、その他の薬との飲み合わせについて。 持病があるなどの理由から薬を飲んでいる方もいますよね。

薬の中には一緒に飲むことによって葉酸の効果を低下させてしまうものもあります。 仮にそういった薬を一緒に飲んだ場合、自分では十分な量の葉酸を摂取しているつもりであったとしても実際にはそうでなかったという事態になってしまうかもしれません。

では、具体的にどういった薬との飲み合わせが悪いのかご紹介します。

メトトレキサート(抗ガン剤)、アスピリン(解熱鎮痛剤)、トリメトプリム(合成抗菌薬)、クロラムフェニコール(抗生物質)、ピル(経口避妊薬)、パンクレアチン(コレステロール降下薬)、フェニトイン、バルプロ酸(抗てんかん薬)、フルオロウラシル、カペシタビン(抗腫瘍薬)、バルビツール(睡眠薬)、フェノバルビタール(抗けいれん薬)、コレスチラミン、コレスチポル(胆汁酸吸収剤)、スルファサラジン(抗炎症薬)、ピリメタミン(抗マラリヤ薬)

などは飲み合わせに注意しましょう。

ですが、持病の薬などは飲まないわけにはいきません。 葉酸サプリを優先して持病が悪化してしまったら大変なので、この場合の対策についても知っておきましょう。

葉酸の働きを下げてしまう薬を飲まなければならない場合、時間をずらして飲むことで両方の効果をしっかり実感することができます。

最低でも4時間は空けるようにし、医師に相談した上で取り入れた方が良いでしょう。

葉酸の吸収率が低くなってしまう薬を飲むから葉酸サプリを基準よりたくさん取り入れればいいと考えてしまうのは危険です。 これは過剰摂取に繋がってしまう恐れもあるため注意しましょう。

それから、アルコールを飲みすぎた場合も葉酸の吸収率が落ちてしまいます。 妊婦さんはお酒を飲むこと自体がNGとされているため、この点は心配ないかと思いますが、頭に入れておくとよいでしょう。

天然の葉酸は安全?

葉酸サプリに限ったことではありませんが、よく自然・天然成分で作られたサプリの方が安心と言われますよね。 その逆で合成サプリは危険だと認識している方も多いはず。

ですが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

実際に、商品を選ぶ際には自然素材のものを選択しているという方も多いでしょう。 注意しなければならないのは、天然素材であることだけをアピールし、化学合成されたサプリメントを強く非難している商品です。

実は、自然素材で作られたものであったとしてもアレルギーなどが発生してしまう可能性はゼロではなく、無条件で自然素材=安全だとは言えないのです。

もちろん、あまりにも不要な添加物がたくさん使われているものは質が良いとは言えません。 そういったを合成素材サプリは避けておいた方が良いですね。 ですが、化学合成自体が体に悪いというわけではないのです。

例えば、体に不調を感じた際にドラッグストアで薬を購入したり、お医者さんから薬を処方された経験は誰でもあるでしょう。 その薬は化学合成で作られています。

それと、合成素材で作られた葉酸サプリには、天然素材で作られたものにはない特徴があるのです。 それは、吸収率が高いということ。

一般的にサプリで摂取できる栄養は天然素材の方が吸収率が高いのですが、葉酸の場合は天然素材で作られたものだと合成素材で作られたものに比べて吸収率や体内利用効率が下がってしまいます。

葉酸が必要だからこそ葉酸サプリを取り入れるわけなので、体内利用効率の高い化学合成の葉酸を取り入れたほうが効率が良いわけです。

ただ、安価な合成素材サプリは避けておいた方が良いでしょう。 しっかりとした成分で葉酸サプリを作ろうと思った場合、極端に安くすることはできません。 それなのに他の葉酸サプリに比べて圧倒的に安いというものは何らかの理由があると疑った方が良いです。

天然ならば100%体に良いと考えるのではなく、商品説明や原材料などもよく確認した上で本当に安心して飲めるサプリなのかどうかチェックしてみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ